ワーママはるの経験+学びの引き出し

37歳/フルタイム、5歳2歳兄弟ワンオペ育児中。不妊治療、母業、知育、投資、効率化について日々、徒然なるままに。

MENU

第一子不妊治療  子宮卵管造影検査に挑む!!

スポンサーリンク

f:id:luluuu:20190207154223j:image

 

 

こんにちは!

フルタイム、ワンオペ育児、年長+2歳兄弟(不妊治療)ワーママはる

@wa_mamaharu です。

 

一人目不妊治療をリライト!

 

今日はいよいよ卵管造影。

四時間前から絶飲食。水もダメ。ご飯より水分好きな私は辛い。


有休申請して、13時前に来院。


まずは基礎体温表の写しを待合室で実施。
 
高温期は11日で(過去は8日なんて日も)
さすがデュファンストン効果で安定してきました。


長時間の待ち覚悟でしたが、
レントゲン室?のような部屋に通されます。
パンツ脱いでいつも通りの足開き内診体勢。

私『痛いですかね~?』
看護師『痛い人も多いので痛くないとは言えないですね~』

と話しながらレントゲンの位置を決め、先生登場です。

ゆっくりやりますと言われながら、膣の入口を機械で広げて固定。
この‘カチャカチャ’という機械音が恐怖心を煽ります。

先生『ちょっと子宮に癒着あるから、痛いかな~』

何だが、お腹の中がゴチャゴチャしてる気がしますが、この時点は全然大丈夫です。

先生『左は通ってるね~。右が入り辛いね~』

この辺りから子宮が押し広げられてるような、生理痛が重い重い感じ。
痛いというか重い!!!
多分、造影剤を入れているのでしょう。
ここがピークの嫌さ!!
ひたすら深呼吸です。
 
 
先生『じゃあ撮りますね~』
10秒で写真が出来てきます。

先生『右が詰まり気味ね~。もう一回通しとくね~』

通すって何を?という間も無くまたズンと痛み。

先生『じゃあ終わりますね~。ナプキン当ててください。
一時間後にまた撮るから、お昼食べて来ていいですよ』

トータル時間は全部で10分くらいでした。
 
想像より痛くはなかったですが、立ち上がるとクラッとしました。
 
 



一時間後に再撮影
先生『右がちょっと残ってるから詰まりがあるかもね~』

photo:01


完了と着替えを指示されて、そして診察です。

先生『右が若干詰まってたから、今までは妊娠確率は低かったと思います。
今回の検査で通ったと思います。クロミッドとデカドロンで排卵を促して、6ヶ月タイミングで頑張りましょう。これでも40%くらいの妊娠確率と思って行きましょう。』

次は生理後にまた受診になりました。

卵管造影後は妊娠ゴールデンタイムとのことなので、のんびり頑張ります。

 

www.wa-mamaharu.com

www.wa-mamaharu.com