ワーママはるの経験+学びの引き出し

37歳/フルタイム、5歳2歳兄弟ワンオペ育児中。不妊治療、母業、知育、投資、効率化について日々、徒然なるままに。

MENU

二人目不妊治療 凍結胚盤胞移植④ D24 移植

スポンサーリンク

f:id:luluuu:20190304152555j:image

 

 

こんにちは!

フルタイム、ワンオペ育児、年長+2歳兄弟(不妊治療)ワーママはる

@wa_mamaharu です。

2016年2人目不妊治療のリライトです。

 

 

D24で凍結胚盤胞移植日です。 

 
15時受診。前回の検尿で潜血があったと再検尿。
 
血液検査等は無く、いきなり副院長の問診。
 
卵は無事融解できました。胚盤胞3BCです。
AHAあり。
(全例に基本実施で胚盤胞融解料金に含まれてます。63000円となり)
 
移植ルーム階にて待つよう指示。
 
3人移植待ち患者さんがいて私は2番目。
 


待ちながらボンヤリと
長男と同じ時の採卵で凍結だから、同時期に産まれたら双子。
 
この場合はなんて言うのかなとボンヤリと考えてました。
そう思うと不妊治療ってすごい技術ですよね。
 
御縁がありそうな予感です。
 

 
移植の方法
 
内診台に乗って、腹部エコーで子宮見ながら、副院長が実施。
良いところに置くねとかけ声。
 
 
エコー画面を見ると白く光ってました。
置かれた瞬間お腹が暖かくなりました。
 
異物なのか、良いことなのか。
あっという間に終了です。
 
 
処方薬は
ルティナス1日4回
デュファストン1日3回
ダクチル1日3回
 
判定日は10日後です。