ワーママはるの経験+学びの引き出し

37歳/フルタイム、5歳2歳兄弟ワンオペ育児中。不妊治療、母業、知育、投資、効率化について日々、徒然なるままに。

MENU

ワーママ 育休明けの試練 子供が入院して実感した事。

スポンサーリンク

f:id:luluuu:20181231204104j:plain

2018年5月25日の記事をリライトしました。
 
 

こんにちは!

フルタイム、ワンオペ育児、1人目5歳2ヶ月、2人目1歳6ヶ月のワーママはる

@wa_mamaharu です。

 

 
下の子が肺炎で入院してました。
 
今日は育休明け2ヶ月で入院した我が子への思い
そしてワーママ業からの考察をご紹介。
 
 

入院までの経緯

待機児童を経て1歳6ヶ月で保育所入所した次男。
 
4月半ばの育休明け初日から病児保育。
そこからRSウィルスにかかり登園禁止。
 
 
風邪後の咳嗽が長びくも、ゴールデンウィークで持ち直してました。しかし5月半ばから再び風邪をひき、咳が続いていました。
 
 
病児保育に預けたり、私が仕事を休んだり、と乗り切る日々。
 
 
ある時、機関病院の病児保育に預けると、
肺炎および気管支喘息と診断がついて入院になりました。
 
 
 

突然、子供が入院と言われたら

 
まず浮かぶのは上の子をどうする?です。
保育園送迎、ご飯、夫の帰宅まで誰が見るのか?
 
 
病院から入院の連絡を受け、頭をフル回転。
 
 
ベビーシッターさんに連絡、予定を確保。
1週間分の会社スケジュール確認。上司に連絡し、延期業務の連絡。
色んな所に頭を下げ、24時間付き添いのため仕事を休みます。
 
 
今さらながら実家遠方、ワンオペが辛い。
こういう時に祖父母が近いと 助けたりしてくれるのかなと。
 
  
夜中3時頃、点滴、酸素チューブ、酸素飽和度測定。
3本もルートに繋がれて、置いたらギャン泣きの息子を抱きながら
 
本当に頑張ってくれてありがとう、私も頑張ろう。
 
と自分へのエールも含めて思いました。
 
 
 

子供への対応は変えるのか?

 
子供に「ママが働いてるからごめんね」
 
とは思わない、言わないことにしてます。 
私が働くのは子供に申し訳ない事なのか?
  
いいえ、違う。
 
きっと違うと息子も分かってくれると信じてます。
 
 
 

今回の入院からの学び

 

子供の入院は突然きます。

 

 

体調が悪いかな?と思ったら早めの診察、病院が重要。(軽いうちだと、他の病気もらって心配の気持ちはあるのですが)

  

話せない年齢の子供は優先事項と思います。

 
 

そして、自分の仕事も早めにやっておく。

ワーママは予想外の事態に備え、前倒しでやっておく重要性を痛感しました。

 

 

 

 

日々、こういったことが起こるかもしれないと、

不足の事態への対応パターンを持っておく

  

ワーママにとって一番大事かも と学んだ次第です。

 

 

↓よろしければこちらも