ワーママはるの経験+学びの引き出し

37歳/フルタイム、5歳2歳兄弟ワンオペ育児中。不妊治療、母業、知育、投資、効率化について日々、徒然なるままに。

MENU

保育園児の小学校受験 悩み始めたその理由は…

スポンサーリンク

1人目5歳3ヶ月
2人目1歳7ヶ月
 

フルタイム、ワンオペ育児、年長+1歳兄弟(不妊治療)のワーママはる@wa_mamaharuです。

 

 

年長から準備を始めた小学校受験を最近考え直してます。

えー!ですよね。もうすぐでは?!と。

 

理由は大きく2つ。

志望校の情報収集結果と私の不安です。

学校見学や説明会から感じた情報をまとめます。

 

 

 

 

小学校受験 志望校別の悩み

 

第1志望校

 

6年生の在籍人数減少。

 

50人入学し今年の卒業生は25人!

英語注力の学校なため御両親の転勤(海外多し)や

中学受験のために別の学校へ編入などで転出者多し。

 

今年の6年生も既に30人切っている

狭すぎる人間関係って窮屈と懸念。

 

 

在校生作文

英語注力のためか、掲示してある在校生の文章にガッカリ。

(すみません)

 

英語を自宅で取り組めないため、環境でと思ったのですが、

やはり先ずは日本語、語彙力、量だと考え直し始めました。

 

 

 

第2志望校

中学受験者への冷遇

5年生で公立へ転校を勧められる。

(我が家は中学受験前提)

 

内実を知る卒業生に聞くと、

以前と違い、最近方針が変わってきたようで、

中学受験で優秀な子を外部へ出さぬため、背景にこんな事が・・・。

 

中学偏差値高い学校だが、やはりトップ校へ行く子は抜ける。

母校を滑り止めにさせないためなのか、保護者達からは不評のようです。

 

 

電車通学への不安が再燃

 

徒歩15分と30分の電車通学。

 

自然災害(大雨や地震)時の対処。

最近、友人息子が電車内で痴漢にあった事も不安。

 

 

パンフレットと学校側の説明だけでは

見れなかったものが見えてきました。

 

 

公立小学校のメリット、デメリットの再考

 

 

 

メリット

歩いていける

地元の友達が出来る

通学時間が短いため家庭学習や子供のゆとりがもてる

災害時の避難場所が学校!

 

 

デメリット

学童保育が雑

勉強も不安

息子の性格的に環境に流されやすい

 

 

 


こうやって書くと

デメリットって私の問題か学童保育ですね。
 
 
 
実は昨年、行かせたい民間学童は近隣に出来たのです。

しかし徒歩では行けない距離。

バスも無いので自力通学は無理と思ってました。
 
 
でも、子どもタクシーの手もある。

私立小学校で使わなかったお金を使えば

クリアできるのではと再考。
 
 

一度思い込みを捨てて

息子にとっての最適を考えたいと思います。



 

小学校受験の軌跡はこちらにまとめてます↓

小学校受験|ワーママでも出来る!知育と学びのライフハック!