ワーママはるの経験+学びの引き出し

37歳/フルタイム、5歳2歳兄弟ワンオペ育児中。不妊治療、母業、知育、投資、効率化について日々、徒然なるままに。

MENU

ワーママこそ教育費のための不動産投資② 購入物件検討編

スポンサーリンク

f:id:luluuu:20181104015601p:image

 

フルタイム、ワンオペ育児、年長+2歳兄弟(不妊治療)ワーママはる

@wa_mamaharu です。

 

ワーママサラリーマンは不動産投資しよう!

分かった!

でもココからどうしていいのやら。

私が悩んだ軌跡。

 

という事で購入決意編です。

 

 

 

ワーママがどう不動産投資を始めるのか

 

まず何を買って良いのかわからない

銀行にどう接していいのかわからない

買った後の運営方法がわからない

税金対策、出口戦略(売却)なんて…。

 

考えるだけで憂鬱。

実際私は一度購入を見送っていました。

 

ワーママ的不動産購入の優先事項

 

海千山千の不動産投資。

 

業者や流されぬように、

まずは私の優先事項を書き出しました。

 

①教育費目的なのでキャッシュフロー

毎月得れるお金)が大事

 

②自己資金は少なめ

(サラリーマンである強みで融資を使う)

 

③売却するときの出口が描きやすいもの

(毎月収入があっても、売るときにマイナスなら相殺されてしまう)

 

とりあえずこの優先事項を決めました。

 

 

投資候補物件を考える

 

 

では何を買うか?

 

マンションの一室?一戸建て?アパート?

新築?中古?

木造?鉄筋コンクリート?

地方?都心?

 

これらの組み合わせだけで、無数の物件が存在します。

 

そこで、私は悩みに悩み

 

新築アパート!

 

を候補にしました。

 

 

 

何でワーママが新築アパート購入?

  

中古物件は主に不動産屋さんに情報があります。

不動産屋さんが自分のお客さん達に声をかけて

売れなかったら、ネットなどのオープン情報へ流れます。

 

良い物件はネットなどに出る前に売れてます。

 

 

ワーママが不動産屋さんと懇意にして、

ネットに出回る前に良い物件を紹介,

ハードル高すぎですよね?

どうやったらいいのか…。

 

 

そこで新築物件を候補に!

中古と異なり、新築アパートは建設会社に情報があります。

(自分で土地から探して建てる場合は別)

つまり初心者でも良い建築会社さんに巡り会えば購入可能です!

 

 

新築アパートのメリット

 

①業者が企画した物件から選べる!

 

新築アパート販売会社は、土地を購入して設計して自社の物件をたてて売る!つまり建売アパートになります。

膨大な中古情報から宝物を見つけるのが楽しい!という不動産好きもいます。

しかし瞬時に対応できないワーママ、それだと買えないんです・・・。

 

 

②決断までに少し時間がかかっても良し

 

中古なら情報を見つけて15分後に購入希望が入ってた!なんて事は有ります。

仕事してるワーママには無理。

皆欲しい良い物件は一緒なので問い合わせが遅れると完全に不利です涙。

 

新築アパートなら情報もらっ

てすぐその場で決断とならず、少しは検討時間が取れます。

(プラン段階から打診が来る)

 

家族にも相談したい、夜に検討したいのワーママニーズが叶います。

 

 

③手間が少ない 

新築なので、修繕が必要なのはまだ先。

また新築は入居者も入りやすい。

この間にお金も貯めて、大家業の勉強ができます。

 

 

新築アパートのデメリット

 

①利回りが低い

新築なので利回り(利益)は低いです。

そこをサラリーマンの属性を使ってどのくらい金利を下げれるか

これがポイントになります。(地銀で1%以下でローンが組めるなら、7%の物件でも単純利回りは6%です)

 

②変な業者に当たると最悪の道

 

カボチャの馬車事件ご存知ですよね。

素人の私が見てもおかしいです。

 

だって金利4.5%!シェアハウス家賃相場もおかしい。

空室が少しでも出たら即アウトですね。

 

自分が勉強せぬまま

業者の話を鵜呑みにしてしまうと失敗します。

 

 

投資はあくまで自己責任。

誰かがこう言っているでは無く

自分にあった投資スタイルを見つけること

が肝心と学びました。

 

そこから投資の指南書を探すのですが、これはまた次の機会に。