ワーママはるの経験+学びの引き出し

共働き、フルタイム、ワンオペ育児中(6歳2歳兄弟)キャリア、母業、知育、投資、効率化のライフハック!

子連れで行った 香港でのオフショア保険加入ストーリー

f:id:luluuu:20190314135806j:image

 

 

 

昨日書いた香港で銀行口座を作った話。

反響多めでありがとうございます。

 

わざわざ香港まで行って、銀行口座だけ作ったの?

 

実は、子供の生命保険(オフショア保険)にも入ってきたので、今日はそんなお話。

 

 

 

 

 

なぜ香港で保険に入るのか?

 

返戻率が高いから!!!

 

香港はオフショア地区(税率が低い)

そのため日本では考えられないような、高返戻率の保険がたくさんあります。返戻率とは「保険料の払込金額に対してどれだけお金が戻るか率」

 

 

日本の学資保険では、高くても110%!(17年満期)

オフショア保険を同じく17年かけて、解約返戻金で見たら約170%!

 

その差60%です。

 

例えば300万円払い込んで17年後に

330万円が日本、510万円がオフショア保険!

(為替や変動の部分はあるのでざっくりした金額です)

 

その差は180万円・・・。

 

全然違うんですよ。

 

↓詳しくはこちら

学資保険の利回りが低い!!海外オフショア保険って何?! - ワーママはるの経験+学びの引き出し

 

 

オフショア保険にはどうやって入るの?

 

 

IFA( 金融商品仲介業)を探しましょう!

 

 

海外では直接保険が購入出来ません。IFAを通す必要あり。

 

私は前回IFAを探して、香港正規IFA の○ンボアライアンスと日本で郵送保険契約を行いました。

 

 

最近は日本でもオフショア保険加入は出来ますが、今回はせっかく、息子も行くので息子の名義で保険契約加入したい!

 

 

加入希望保険(○ライフ、ライフ○リアンス)

前期全納100万円を息子2人分でヒアリングシートを送っておいたので、既に資料は用意されていました。

 

 

香港での契約当日は?

 

 

香港のIFAへ行ってきたよ!

 

 

11時半頃、HSBC銀行口座開設後に向かいました。


私の持参物は

戸籍謄本の写し(親子証明)

保険料を支払うクレジットカード

パスポート(私と子供2人)

香港入国証明(入国審査時の小さい紙)

住所証明のため運転免許証

(念のため健康保険証)

を指示通りに持ってきました。  

 

 

必要書類にひたすらサインしていきます。

子供2人分なので2倍!

だいたい1時間で全ての確認が取れて、終了。

 

 

帰り際に、担当女性(2人の子持ち、日本人)が

お子さんは日本食に飢えてませんか?

と隣ビルのおにぎり屋さんまで案内してくれました。

 


英語が出来なくても、日本人女性スタッフがいて相談にのってくれます。

 

 

 

まとめ

 

オフショア保険は検討の価値あり

子連れで香港に行くならオフショア保険加入

良いIFAに巡り会うのがコツ

 

 

香港に行って銀行口座開設するなら、オフショア保険も検討してみて!日本には無い保険を選べるので、子供の未来への贈り物になりました。ただし、良いIFAを探さないと難しい!

 

ご興味ある人はメッセージくれたら、簡単な紹介はできますよ(私も教えてもらった)

 

さあ!金融リテラシーをつけて楽しい教育費作りを!

 

 

ワーママはるの活動

☆毎日Voicyで配信 ワーママはるラジオ

☆知育ブログ ワーママでも出来る!知育と学びのライフハック!

☆twitter @wa_mamaharu

☆Instagram waamamaharu

 

友だち追加