ワーママはるの経験+学びの引き出し

共働き、フルタイム、ワンオペ育児中(6歳2歳兄弟)キャリア、母業、知育、投資、効率化のライフハック!

「ちつのトリセツ」全ての女性に知ってほしい

f:id:luluuu:20190410200339j:image

 

 

 

 

ワーママの皆さん!

お身体いたわってますか?

 

お風呂上がり、ボディクリームでつるつる息子達。

かたや、ドライヤーで精一杯のカサカサ私。

ゆっくりパックしたいけど…。

 

それでも毎日、顔には化粧水は塗るし、むくみ予防ストッキング履いたりはしますよね?

 

でもね、女性にしかない臓器、

膣のお手入れってしてます?

(アンダーヘアでは無い)

 

何それ?!膣?!ちょっと恥ずかしい!

 

 

ところが、この本を読んで考えを改めました。助産師さんと書かれた「ちつのトリセツ」

女性だから一生ケアが必要な身体の部位がある!

今日はそんなお話。

 

 

 

 

 

 

膣のお手入れって何?

 

会陰切開をしました?私はしましたよ、涙。

 

 

1人目の時は、出産前から会陰マッサージして挑みましたが、会陰切開。

2人目に至っては、帝王切開確定(逆子)のため、会陰マッサージすらしてない。

 

出産後は産後の骨盤、乳首、断乳後のおっぱいケアに追われて、膣?うーん。何もしてない。

そう、一番頑張った臓器に何もしてないのです!

 

そもそも膣ってどうやってケアするの?

 

簡単に言うならオイルマッサージです。

 

実は、欧米では市販の膣ケアオイルはドラックストアでも販売してるし、アーユルヴェーダでも当たり前のようにある。知らなかったー。

 

 

膣のお手入れをしないとどうなるの?!

 

女性にはいくつ穴があるでしょうか?

 

耳、鼻、目、(2つずつ)、尿道口、膣、肛門、口。

これらの共通点は何だ?

 

本来なら湿っているべき場所。

守られている所。

 

ところが最近の女性は冷え性で痩せているし、仕事に家事育児と疲れきってる。セックス頻度も少なく(定期的な性交はケアになる)、ましてや手入れもしてない。

 

35歳後半から減る女性ホルモン、粘液減少、膣も乾くと膣壁が薄くカサカサへ、本来の自浄作用も弱まり…(膣が乾いて弛んでるという事は、内側の筋力も落ちてます)

 

生理痛、性交痛、骨盤底筋の衰え(尿もれ、痔)などに繋がる!!

 

しかもこれ、閉経したら膣の機能は終わりではない!

閉経前から膣ケアをして冷え改善、自浄作用アップ、骨盤底筋を鍛える事が良いシニアライフに繋がります。

 

長生き大国日本の女性。

閉経してからも生きる年数を数えたら震えます。

尿漏れも痔もカサカサも嫌だ!

 

 

ちつのお手入れ方法

 

膣を触ってみたことある?触ってみて!

 

膣にも好ましい本来の姿があるんですよ。

触ってみてください。自分の身体なのに、ほぼ触った事無い私は度肝を抜かれました。

 

例えば、唇。お手入れゼロで夜更かしの日々だと、血行悪くて色が黒ずむ、動かさないとひび割れで血が!なんて事になりますよね。

 

膣だってこれと同じ原理。唇のようにリップクリームやパックでマッサージして労り、表情筋マッサージなんてしてるとプルプル。

 

これはお手入れしておこう!と思います。

 

具体的には、オイルを膣に塗ってみてください(詳しい塗り方は本を見てね)

 

唇やフェイスマッサージと気持ちは一緒です。

綺麗になあれ!

万能なおススメはセサミオイル(ごま油だけど、カドヤではないよ)!速攻で買いました。ちなみにオイルケアは膣以外にも良い(詳細は本を見てね)

 

 

 

まとめ

 

膣は女性の身体の要。

ちつのお手入れは殆どの人がしてない!

若く老いるためにも絶対ケアして!

 

いかがでしたか?

娘がいたら、ぜひ知らせておきたい内容です。

だって産前から産後、閉経まで、確実に大事なお手入れですから!!!

 

産前の会陰マッサージの本当の意味

産後6年でやっと分かった!気分です(遅い)

 

ワーママは自分ケアをついつい忘れがち。

お風呂上がりに風呂場でもできるオイルマッサージから、膣のお手入れしてみてね!

 

 

 

ワーママはるの活動

☆毎日Voicyで配信 ワーママはるラジオ

☆知育ブログ ワーママでも出来る!知育と学びのライフハック!

☆twitter @wa_mamaharu

☆Instagram waamamaharu

 

友だち追加