教育費のための資産運用

幼児(幼少期)のうちは習い事をしない理由。大学進学の教育費を用意したいから!

お子さんの習い事いくつしていますか?

 
お付き合いのあるネイリストさんは
子育てのためお仕事セーブ中の方。
 
 
彼女の子供は幼稚園年長。
そして習い事を1つもしてない。

このご時世
珍しいなと思ってました。
そこで彼女なりの教育方針について
聞いてみました。

彼女曰く

フルタイムで働くつもりはない
ネイルの仕事は好きだけど
土日や平日夜が多いので続かないと。

とは言え

このまま生活を維持していくと
子供の教育費等は不安になると。
 

スポンサーリンク

子供の習い事の費用!スイミングスクールから英会話まで

そこで
習い事費用を考えてみたそうです。

✳︎例えば幼少期に3年間してみると…

 
音楽教室にかかる費用
8000円×12ヶ月×3年間
約30万円
 
スイミングにかかる費用
6000円×12ヶ月×3年間
約29万円
 
英会話にかかる費用
8000円×12ヶ月×3年間
約29万円
 
 
たった3つの習い事を選んでも
これに発表会やら教材やらで
100万円は超えると気づいたそうです。
 
 
貯めておけば
大学の1年分学費になる。
予備校の費用になる。
 
 

みんな幼稚園帰りに

習い事へ行く姿を見て焦るよ。
でも小3までは
習ったつもりで200万円を貯めておく。

幼児の習い事は

親の自己満足も大きいと思う
と笑う彼女。
 
 
我が家には我が家のやり方があるし、
プールは市民プールへ行く!
英会話は英語絵本!
音楽は別にいいかな!
 
 
笑いながら
この生活を変えずに
大学で好きな進路を選ばせたいから
こう決めたの。
と話す彼女。
 
まぶしすぎて
本当に感心しました。
 
 
こどもの習い事
他の子がたくさんしてると
スイミングくらいは…
英語は早めに…と焦りますよね。
 
 
特に我が家は保育園児なので
平日はなかなか送迎出来ないし。
  
でも家庭の教育費方針がはっきりする
こんなにもシンプルに
出口までが見えるのだなーと実感。
 
方針ブレブレの私ですが、
仕上がったネイルを見ながら
改めて習い事の費用を計算しています。
 

スポンサーリンク

面白かったらポチッとしてね!