オススメ知育グッズ

ワーママでも出来る知育!3歳から小学生まで継続したい点描写

点描写(点描画とも言う)ってご存知ですか?

点に沿って描かれている図形を、同じように真似して描く知育教材の一つです。

幼児教育の王道、ピグマリオンの伊藤 恭先生は点描写を毎日行うメリットとして、図形・空間を捉え、思考力の基礎作りとされてます。

ピグマリオンでは、幾何学能力(現実を図形・空間として捕らえる方法)や思考力の基礎創りとして、毎日1問題の『点描写』とレーニングをしてもらうように用意しています。それは点描写能力の不足は、学習能力・知的能力の不足を意味しているので、その能力を創造する作業を毎日していただいているのです。http://www.pygmalion.co.jp/blog/2016/06/1-11.html

 

点描写を行うのメリットとして

  • 運筆力
  • 空間認知能力
  • 短期記憶力
  • 図形理解力
  • 注意力
  • 構成力

を鍛えられる事が挙げられます。

幼児教育は色々ありすぎて、取り組みを継続出来ないと、親として自己嫌悪になる事もあります。そもそもワーママは忙しいのだ!

そんな中、この点描写だけは毎日「1プリント」で継続しやすく効果が高いので、大変オススメの知育の一つです。

今日はそんな我が家の点描写の変遷とオススメポイントのご紹介。

スポンサーリンク

3歳頃から出来る「てんずけい」

点描写は2歳後半〜3歳頃から取り組めます。

この月齢さんには、筆圧、鉛筆の持ち方の練習になりますし、模写なので、文字を書く一歩にも繋がる。

ピグマリオンの問題集は難易度が高いので、こぐま会の「てんずけい」シリーズからの取り組みがおすすめです。

 

 

てんずけい

これでも難易度が高い!という時は「チビむすドリル(無料)」の幼児向け点描写を印刷して使えます。

チビむす点描写

4歳頃からの点描写

{C23752B0-9B50-48F1-BFB0-303227129C72}

3歳頃から慣れてくると、そろそろ「てんずけい」や「点描写」など難易度を挙げたものも出来るようになってきます。

 

 

 

 

{B5FA6EE0-F700-4CD0-818B-FF179F273E23}

我が家の息子も最初は「出来ないー」と言ってましたが、コツコツ毎日1ページを1年くらいやってきました。

すると段々と「出来る」のが楽しくなってきたようで、毎日、点描写やろっと勝手にやるまでになりました。点描写だけは毎日1ページ、親子で楽しく出来てます!

継続のコツは

  • 簡単なものから始める
  • 強制的にやらせない(机に置いておく程度で良い)
  • 親もたまにやる

慣れてるくると「重ね」点描写なんてのも出来るようになってきます。

{3BDBBADA-ACBF-4C6A-9DB4-5DFC6B92036C}

 

 

5歳頃からの点描写

 

始めてから2年くらい経つと、大人でも難しいものも出来るようになります。

点描写

 

息子は小学校受験をしたのですが、筆記に関してはこの「点描写」の継続の効果は大きかったと思っています。

継続してやり抜く力、集中力、注意力など鍛えられて、かつ、本人も2年も行ってきたので「点描写」が得意!と自身にも繋がっていました。

点描写

知育には興味あるけど、勉強させるってどうなの?忙しいしなーと思う人は多いですよね。でも3歳頃からの取り組みとしてやってよかった!

現在、息子は6歳、小学生になり「学校の宿題」や「習い事」で毎日は継続できていませんが、それでも時々「点描写やる」と言ってきます。

忙しい中でも親子で楽しめる、そして子供の能力育成に点描写はとてもオススメです!

YouTubeで解説しました↓

 

スポンサーリンク

面白かったらポチッとしてね!