ホットクック

幼児食メニューにホットクックの活用方法!コツは蒸し料理と内鍋2個使い!

ワーママ三種の神器でホットクックを導入しました。
 (食洗機、乾燥機付洗濯機、ホットクック)
 
 

 

これが、離乳食、幼児食作りに毎日活躍してます!

今日はそんなお話。

スポンサーリンク

ホットクックで離乳食も幼児食もまとめて作る!

 
我が家には1歳の離乳食後期もおります。
そのためワーママ的にはできれば一緒のメニューで終わらせたい。
そこで、食材別の活用方法。
 
 

蒸し豆  ひよこ豆、大豆を蒸す

 
手動→蒸し(旧型2.4なら4番)→60分。
 
水に一晩つけた豆類をホットクックで蒸します。
 
少し塩をかけて、1歳児はおやつ代わりにパクパク。
タンパク質も取れてお得!!
 
{8C6B9D53-926E-4B3E-9CA5-BE3E13DC89C6}
 
 
大人は炊き込みご飯にin!
 
{0C473B27-3BFA-4033-87B7-CEBC7579FAEA}
 
 
 

かぼちゃ、芋、根菜

 

煮物コース→かぼちゃ(20分)

手動→蒸し→20分

(サツマイモ、じゃがいも、人参、かぼちゃも有)

 

大人はザク切りにして、マヨと和えて温野菜サラダにしてます。

 

{6E484DEB-1724-4C77-A31C-8AD5EEA9899D}

 

応用してつみれ団子にも!

 
ミンチと上記の野菜(切ったもの)混ぜて蒸す。
(少しの塩、豆腐を入れるとなめらか)
 
 
子供はそのまま肉団子的に。
大人はポン酢などで食べます。
 
{1A28692D-18A6-4980-9A73-49660DD62309}
 
 
 

薄味煮物

 

野菜とタンパク質なんでも。

醤油0.6%かけて蒸すだけです!

かぼちゃ500gなら3gの塩!

 

{8C4E50A0-B640-4EAA-B9C3-1FF129525297}
 
 
蒸し方、調味料のコツはこちらを是非↓
 
 

基本は蒸し料理!!

 

手動→蒸しコースを汎用してほしい!

 
葉物(小松菜)は1-3分
根菜(芋類、人参)は10分程度
 
 

素材を蒸す。とにかく蒸す!
 

 
ホットクックは無水料理ができるので

(圧力鍋のように蒸してくれます)

野菜や素材の甘さ、旨味が出るのです。

しかも入れたら放ったらかし!

 

ワーママのためのような家電でした。

(スープ類の具材が均一に柔らかくなるので子供にも食べやすい)

正直、こんなに毎日使うとは!と驚いております。
 

 

内鍋の2個使いが楽!! 

 

一回の調理でまとめて

スープ、煮物、炒びたしなど作っていくと

毎回、内鍋洗うのが手間!

しかも、せっかく温まってたホットクックも内鍋も冷えてしまう…。

 

また、イチからなんて時間がもったいない!!

 

ということで、さすがSHARP。

内鍋だけ購入がありました。

 

 

 
"{9F7D995A-690B-4FF9-9728

 

内鍋二個使いのメリット

 

✓温まったホットクックを鍋入れ替えですぐに使える(時間が短縮)

✓後ほど温めたいスープ類が鍋入っていても、他の料理が作れる(移し替え不要)

 

まとめ 

離乳食 幼児食にはホットクック

蒸し機能を使いこなして素材の甘味を!

内鍋2個使いは時間の節約

 

 

機会損失しないためにも、新たな文明力をまず取り入れてみる!

思い切った購入でしたが、今回は久しぶりのヒットでした。ワーママライフの三種の神器になりそうですね。

 

スポンサーリンク

面白かったらポチッとしてね!