教育費のための資産運用

奨学金は借金です!我が子に借金させたくない!0歳から出来る大学費用の作り方!

奨学金を借りたことありますか?

私はあります。

 

奨学金って3人に1人は借りる時代とのこと。

*1

 

高校の時、「この書類書いといて~」で私の周りも割と気軽に借りていました。

 

先日、こんな怖いニュースを発見↓

奨学金破産、過去5年で延べ1万5千人 親子連鎖広がる:朝日新聞デジタル

 

 

私の周りの理系、大学院卒、高学歴さんって結構、奨学金を背負ってます。

500万円とか、800万円とか。

 

 

冷静に考えると怖いですよね。

新卒の給与、平均20万円!*2 

税金引かれて手取りはいくらか…。

 

 

高所得と言わる企業(楽天30万、IBM27万*3

でもそんなにもらえるわけでは無い。

 

そんな中から、新入社員から毎月3万円返済しても25年近く・・・

 

我が子にそんなの嫌!(まだ1歳)

今日はこの奨学金からの考察。

 

f:id:luluuu:20181024121845j:plain

スポンサーリンク

 私が借りた奨学金

 

日本育英会の第一種(無利子)奨学金。

54000円☓12ヶ月☓4年=約260万円+入学時増額

 

毎月13333円を20年間で返しています。

(有利子ならもっと早く返したかも)

 

 

もう37歳なのであと5年。

短いようで長い15年の返済でした。

私は無利子ですが、有利子の人は早めの返還がいいですね。

そして我が子には同じ思いさせたくないなー

 

そもそも大学費用っていくら必要?

 

わかってるけど、奨学金を借りないと大学費用は捻出できないかも。

私も不安になりました。

 

国公立4年間で約240万円
私立文系4年間で約390万円
私立理系4年間で約520万円
*4

 

これでは足りないのが現実。

自宅から通えないかもしれない。
意外に良い学校に行っちゃうかもしれない。
海外に行くことも!?

 

子供が大学に入るまでに

最低でも400万円(私立、自宅想定)は用意したい。

(我が家は☓2人分。800万円!)

 

児童手当を活用する

f:id:luluuu:20181024121819j:plain

 

 

 

児童手当(旧こども手当)が毎月1万5000円貰えますよね?(1人につき)

(所得制限にかかった家庭は5000円(1人))

 

この児童手当はどうしてますか?

 

貯金?
学資保険?

1-3歳は毎月15000円

4-15歳は毎月10000円(第三子以降は15000円)

貰えるので

 

総額では
15000円× 12ヶ月 ×3年間= 54万円
10000円× 12ヶ月 ×12年間=144万円

普通に貯金しておくだけでも194万円になります。

大学費用の足しになりそうですよね。
我が家はこの児童手当を運用しています。

 

運用したら増えるのか?

 

増える確率が高いです。

子供の持つ最大の武器は時間です!

 

www.wa-mamaharu.com

 

 

15000円を3年間、10000円を12年間

5%利回り投資信託で積立購入すると・・・275万円!になります。約75万円増加。

(15年運用でインデックスファンド平均利回り4,7%)

 

銀行に置いてたら194万1300円(金利0.01%)です。1300円増加。

 

15年積立運用して275万円+130万円を別途親が用意。

400万円が見えてきました!

 

 

まとめ

 

奨学金は借金です。

我が子に借金を背負わせたくない!

 

児童手当(毎月15000円)を運用して、大学費用を作りませんか?

 

じゃあどうやって?運用ってするの?

投資信託(インデックスファンド)で積立投資していきます。

 

「あーせっかく社会人になったのに、毎月奨学金の支払いがあって自己投資がなかなか・・・」

 

我が子がこんな事にならぬよう、

子供の未来の時間のために、今から私が出来ること。

教育費のための資産運用にトライです。

 

 

www.wa-mamaharu.com

 

 

www.wa-mamaharu.com

 

 

ワーママはるの活動

☆毎日Voicyで配信 ワーママはるラジオ

☆知育ブログ ワーママでも出来る!知育と学びのライフハック!

☆twitter @wa_mamaharu

☆Instagram waamamaharu

 

友だち追加

*1:学生数に対する奨学金貸与割合 平成27年度:2.6人に1人。日本学生支援機構調べ(平成29年3月)

*2:厚生労働省:年次統計 大卒初任給

*3:日本経済新聞:初任給ランキング2018

*4:文部科学省 平成26年度「子供の学習費調査」

スポンサーリンク

面白かったらポチッとしてね!